妻はアンチ、夫はバリバリ。archive

創価学会員の夫と結婚した創価学会アンチの妻の記録。
創価学会なぞ笑い飛ばす気持ちで。すったもんだの後、
夫は緩やかに非活へ。現在は穏やかな日々。夫公認。更新及びコメント受付終了。アーカイブ化。
※学会員との結婚や交際を推奨するものでも、安心材料となるものでもありません。
※しっかり話し合い、答えを見つけるための参考になさっていただければと思います。

創価学会員の夫を観察

知らない 知りたい

レンタルビデオ屋で借りて久しぶりに映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」を見た。
オーストリアの登山家ハインリヒ・ハラーの自伝を映画化したものだ。
映画での後半は、まさにチベットに中国が侵攻して来ようとする様が描かれている。
多くの人がそうであったと思うが、私もまたチベットに目を向けることとなるきっかけとなった映画だ。
ダライ・ラマ法王の話を聞ける機会があるのならと、わざわざ広島まで行ったのもやはり、この映画を見ていたからこそのことだろうと思う。
「近代史の出来事の当事者の話を聞いてみたい」という知的欲求を満たしたいがための単純な衝動は、結果として貴重な体験へと導いてくれた。
「知りたい」という欲求は、生きる上での指針となるのだろうと思う。

映画は学生時代に劇場で見て以来だから、もう結構な時間が経っている。
再びこの映画を見ようと思ったのは、現在のチベットでの状況も理由だが、何より、どんが「見たことない」と言ったからである。
この映画が公開された時、そして割と近年まで、どんはこの映画の名前しか知らなかったという。
その時期は「バリ活学会員人生」と被っている。
仕事と活動で帰宅は深夜。
ニュースも終わった時間帯で放送しているテレビ番組は通信販売の類ばかり。
新聞も一般紙くらいとっていれば映画紹介コーナーで映画の内容も目に入るだろうが、聖教新聞一紙のみ。
それすらも読む時間も少なく、会合で必要な記事を読むのが精一杯だったと言う。
例え聖教新聞に映画紹介コーナーがあり、この映画が紹介されていたとしても、どんの目に届いたかどうかさえ難しかったようだ。
完全に世間の情報から隔離した状態で活動をしていたと、当時を振り返ってどんは言う。
映画は単なる一例で、当時、世間を賑わせていた様々な情報に疎かったようだ。
これはどんが特殊なケースではないだろう。
活動に追われて世間の情報に疎くなっていくことは、よくある話であるらしい。
また活動していなくても聖教新聞一紙で満足だと思っていれば、それで得る情報も制限される場合もある。
平和や人権について語りながら、世界の紛争や人権問題などの知識が伴っていない学会員がいる背景はやはり、学会ならではの光景があるのだろう(言うまでも無いが、全ての学会員がそうだとは思わない)。

先日の記事で紹介した2ちゃんねる創価・公明板の、チベットに関して立てられたいくつかのスレッドで、「ダライ某は前近代的で封建的な専制君主なのに」「チベットをダシにして創価学会を中傷するだけがミエミエ」というようなレスを見かけた(http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1205806672の670と692など)。
そのようなレスの根底には「チベットの歴史と中国との関係を『知らない』」「中国政府がチベットに何をしてきたのかを『知らない』」という情報の欠落があるように思う(勿論、いろんな意見があって良いとは思うが、せめてレスする前にネットで調べるとかしないのだろうか。ブログ記事をひとつ書くのに、いろいろ考えて調べるなどの労力を使う私からしたら、その自信が信じられない)。
単純な発想は思考停止しか招かないが、もし何が起こったかを知っていればそういう次元の問題ではないと分かるはずだからだ。
今回のことを「チベットの歴史と中国との関係を『知る』」ことと捉え、学会からのお仕着せではない平和や人権について自発的に考えるきっかけにする、それで良いと思うのだが。
幸いにもこの国ではチベットに関する様々な立場・異なる視点からの情報を、書籍でもネットでも安易に手に入れることが出来る。
私には無い、「熱心な信仰者」の立場で「知る」ということは、おそらく私とは違った世界が見えてくるのではないだろうか。
無論、チベット弾圧のことで怒ったり疑問を持つ学会員もいらっしゃるようだ。
そういう感情を抱く人はやはり「知りたい」と思うことの重要性を「知っている」人だと思う。

日本は情報が過分に行き交う。
メディアリテラシーが必要だということが、贅沢だとも言えるのかもしれないほどに。
だが世間の出来事に積極的に興味を持たなければ、情報を得ることはなくなる。
何かに追われるように忙しくしていれば、努めて時間を割いて情報を得ることも難しくなる。
もちろん、学会に限ったことではない。
「知らない」よりも「知りたい」「知っている」のほうが、人間として深みが増すのではと思う。
私も至らない人間だが、「知りたい」という欲求を大事にし、「知っている人」になることを目指し続けたい。

最後に、映画を見たどんの感想は「この映画は見たほうが良い!」。
映画は2時間と少しで終わるが、実際はこの後も映画で描かれた以上に悲惨な出来事が起こっている。

越えられないもの

小説を読んでいたら、どんが部屋に入ってきた。
「創価学会は、共産党とよく似ている」
突然の私の問いかけに、どんはワハハと笑った。
「そうなんだよね。幹部にも共産党出身者がいるとか聞くしね」
学会の人材育成を「洗脳」とするなら、共産圏の一党独裁の国でやっていたそれとも似ているように思う。
「折伏は、オルグか」
「ははは」
どんはさらに笑った。
この頃のどんは学会を庇うことさえしない。
どんは物見櫓に登って周囲を俯瞰で見ているような感じさえする(共産党と似ているということは個人の客観的主観によるものだから庇うような案件でもないが)。
感受性が豊かで周囲から影響を受けやすい一面を持つこの男の、また別の一面はこのように俯瞰で周囲を見ることだ。
勉強家で聡明などんが、どうして学会に染まったのか、同時に染まりきらなかったのか、彼の性格がそれを表している。
「本当は創価学会と共産党は裏で手を結んで出来レースでもしてんじゃないの」
「それはないんじゃない?昔、松本清張の仲介でそういうことはあったらしいけど」
「なんで松本清張なの」
「あの人、共産党支持者だから」
「………」
有名な話なのだろうが、あまり作家の思想信条を聞く気にはなれない。
自分の中の作品観を大事にしておきたいものだ。
話題を戻す。
「日蓮正宗との抗争は、いわば内ゲバというところで」
「かなり大雑把に言えばね。…で、何、内ゲバとかオルグとか。華の年代には似つかわしくない」
私は読んでいた本を掲げて見せた。
「『サウスバウンド』。主人公が小学生男子で、お父さんが元過激派で」
説明しようとすると、どんが眉を顰めた。
彼が多感だった80年代に受けた「教育」の反動で、彼はその手の類のものを嫌う。
過激派だろうが左翼だろうが、その細かい分類の特性を把握した上で、嫌悪感を示す。
やたらそれらの情報に詳しい癖に、感情的に反発するのだ。
だが、過去に受けた教育の反動でどんが嫌うそれらの主義主張が、創価学会には過分にある。
本来、公明党は自民党ではなく社民や共産と連立野党を組んでいたほうが良いのではと思うくらい。
ここにもまた、どんが学会に染まりきらない理由がある。
「面白いのに」
どんは表情を戻すと、飄々とした笑顔を残して部屋を出ていってしまった。

どん個人の主張と、公明党や創価学会の主張は大きく異なっている部分がある。
ただそれはどんに限った話ではないだろう。
宗教と政治は違う。宗教が同じでも個々の政治思想は違って当たり前なのだ。本来は。
それを政党を作って、学会員だから党の主張に賛成して応援しなさいというのも、おかしな話だ。
宗教とは別の所で学会員の支持政党が違って当然であるにも関わらず。
考えることを奪われるというのは、そういうことなのか。

ところでこれを夫婦の会話としていいのだろうか。
折伏とかオルグとか内ゲバとか新聞啓蒙とか、あまりに色が無さ過ぎる。
まあ、こんな会話ばかりではないし、これはこれで今まで上手くやってきたのだから良しとする。
小説に向き直ろうとして、ふと学生時代を思いだした。
六畳間の下宿のドアを開けると、同級生が立っていた。
同年代くらいの、見知らぬ男女を従えて。
「実は共産党の」
彼女が説明するところによると、このグループは共産党の若手組織だということらしい。
要は仲間に入りませんかと、そういうことで。
私を仲間に誘うなんて目の付け所が悪いんじゃないかと思ったのだが、暇だったので立ったまま話を聞いてみる。
説明したのはその中の男性だった。
内容は覚えていない。
ただ、緊張でもしているのか話し方はぎこちなく、何度も言葉に詰まっていたことを覚えている。
その話を受けての、私の返答も。
「群れるの、嫌なんで」
今思えば青臭い返答ではある。なんだその斜に構えた返答は生意気だと若き自分の頬を捻ってやりたい。
だがやはり、美意識の大いなる相違は、越えられないのだ。

後にどんと付き合うことで、間近で創価学会を観察する羽目になった時も、美意識が理解することを拒否し、同じ感想を抱いた。
どんが完全に学会に染まりきらなかったように、私にも学会に全く共感できない資質がある。

壁に耳あり 障子に目あり あなたの後ろに学会員

日曜日。投票に行こうと仕度をしていると、どんがやってきた。
一緒に行きたいらしい。
おうおう、ういやつじゃのう、と一緒に行くことにする。

行き先は近所の小学校の体育館。
こういう事でしか踏み入れることがないので、暫し懐かしい空気に浸りつつ(母校ではない)。
入れたい人は決めていたので(公明党は今回も選から漏れました)、さくさくと投票を済ませて外に出た。
校庭の桜などを眺めていると、遅れて投票を済ませたどんがやってきたので、笑顔で「入れてないよ」とご報告。もちろん、公明党にはという意味である。
すると、どんの顔が強ばった。
おいおい、今更なんだその顔は、アンチを妻にしてるんだから分かり切ったことだろうと思っていると。

私とどんの間に丁度、バリ活の婦人部が居たんだって



………。

ま、知らんがな。


言ったことは取り消せない。覆水盆には返らないのだ。
一度はどんも顔を強ばらせたとはいえ、少し面白そうに「あの後、挨拶したけど、聞こえてたみたいで婦人部さんは吃驚してたみたいだった」と報告してきた。
「男子部のどんさんが最近活動に出てこないのは奥さんが魔に」と言われかねない撒き餌を自ら振りまいた事になるのだが、だからなんだそれがなんだ。活動に出てないって言っても選挙の時はいろいろ駆り出されたぞコノヤロー。
どんが気を使って、私にチケット代を進呈し「申し訳ないので明日のサッカーの試合を見に行ってきてください」とご機嫌伺いをするほどに(私が不機嫌になったわけではない。あくまでどんが勝手に気を使って先回りして言い出した)。
一人で見てもつまんねーよとぼやきつつも贔屓のチームが勝ったから良しとすることにして。
そこまで気を使わせていること自体、学会員にしてみりゃ十分「魔」だと言えるだろうし、そもそも、もう既に「魔」呼ばわりされているのかもしれないけれども。
魔で結構。 魔王とか歌っちゃうから。
学会外の人間に、学会内用語であれこれ言われても、意味ないといえば意味ないんだけれども。
「ああいうこと言うの、辞めてよ」と少しは面白がったくせにどんに苦情を言われてしまった。
主語を言わずに「入れてないよ」の言葉、それはどんが学会員だということを知らなければ、分からないと言えば分からない。声も大きくなかったわけなのだが。
結果的にどんを窮地に立たせてしまったかもしれないので(今更…)1ミリくらいは申し訳なく思い「立場でも悪くなるの?」と問いかけると、「別に。二世でもなく地区に引っ越してきた外様の俺は期待されてないと思うよ」じゃあ辞め(略)。
まさかそこに婦人部が居るとは分からなかったとはいえ、まあ、結果的に申し訳なかったかと一応謝罪。
ただ、学会員のどんではなく、おそらく私が悪く言われる確率のほうが高いと思うのだが。
うん、でも、正直、「知らんがな」と今でも思ってますけれども。
一応、以後、気を付けます(何を?)。

-------
追記

遅れてしまいましたが。
能登半島地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
一日も早い復興と、平穏な日常を取り戻されることを願っております。

学会のある年末


クリスマスイブに長時間唱題会をやるのは地区幹部のエゴと意地である。
断言するのも乱暴だが、他に理由が思い当たらない。
長時間唱題会をやる時期は別にその日でなくたっていいわけだし。
キリストに喧嘩を売り、というほどのものはないだろうが、クリスチャンでもない日本人が浮かれるのに天誅を下すつもりか、それとももはや日本の風俗的習慣と化したクリスマスを楽しもうと浮かれる学会員を引き締めるつもりか、はたまたクリスマスイブ以前に年末の糞忙しい時期に唱題会を決行しやがった地区幹部は暇で暇で自分の暇さ加減に悲観して他人に巻き添え食らわせるつもりか(前回の幹部と今年の幹部は違うはずなのだが、毎年クリスマス時期は暇な人間が幹部になるのか。幹部になる条件が「クリスマスは暇であるべし」なのか)
今日び、未来部でさえクリスマスを楽しみにするこの学会ご時世にもかかわらず、敢行される名付けて「クリスマスイブ唱題会?クリスマスなんて大嫌い!!なんちゃって?」。
長時間の唱題会は控えるようお達しがあるというが、それでもまた敢行されたところを見ると、本部に求心力がないのか、本部(エリート)vs現場(たたき上げ)の縮図がここでも発揮されてるのか。
お達しを無視するのなら、財務や新聞啓蒙等々のノルマも無視すればいいのに何故かしないのが不思議なところ。相変わらず反抗具合が中途半端で気にくわない。
いっそ、本部に「我、長時間唱題会決行ス!」と電報でも打って宣戦布告して某角川の倉庫に眠っているであろう角川製61式戦車(作り物)を借りてきてエレーナと名付け三色にペイントして泥団子とかペンキとか下手物系とかぶっ放し中心会館に立て籠もりながら長時間唱題会すればいいのに。BGMはもちろんTM NETWORKの「SEVEN DAYS WAR」。(気合いバリバリ)活動家学会員1名、(おそらくお付き合い)未活学会員1名、(営業なのか本気かは不明の)細木信者1名で構成される(我が青春の)ユニットの名曲を大音量で流せば気分が盛り上がるに違いない。…本部からは止めにも来ないと思うけど。(今年の我が家は「80年代カルチャーを振り返る」のがブームでした)

話が逸れました。

で、どんが数時間拉致られ出ることに。
着任だかなんだか知らないが、たかが数時間、されど数時間。
イブ以前にこの男、月曜納期の仕事が(笑)←笑うしかねー。
貴重な1時間を地区幹部様に差し出すらしい。その幹部ってさ、手伝ってくれんの?仕事。
「やめとけば」と一応、止めてみるも「誰かがその分代わりに出なきゃいけなくなるからさ…」と、心優しくも完全に付け入れられやすいお返事。
「じゃあ皆で断れば?。年の瀬にこんなことやってるほうが迷惑なんだから」
なんというか、去年一昨年もあったような光景なのだが、もう振り返らない。過去記事読み返しに行ったりはしない。
せーの、で皆で断ればヨロシイのだ。
正直「迷惑だなあ」って感じてるのはどん一人ではあるまい。
なのに断らない。断ると面倒臭い波風が起きるから。
わざわざクリスマスイブに意地で唱題会敢行しちゃうような地区幹部である。周囲や世間を冷静に見ているとも思い難い。逆らうとろくな事がないんだろうと予想。
「仕方が無いなあ…」と苦笑めいた本音を隠して会館に集まってもらってそれで幸せか?決してあなたに地区の部員を統率できる力があるわけではないんですよ?地区幹部殿。
ただ、喜び勇んで長時間唱題しちゃったり着任しちゃったりする人がいるかもしれない。
そういう人はもう、地区幹部と共に好きなだけ唱題して脳内物質を放出すればいいと思います。ハイ。

人を巻き込むな。断れない人も巻き込むな。
断れない人がいるから、こんなことが続くという側面もある。
そりゃ皆、波風荒立てたくないでしょう。
嫌だなあ、面倒だなあと思っても、ハッキリNO!と言うのもその後のことを思えばまた面倒。
いい大人なのに「信心がなってない!」幹部指導なんて受けちゃった日にゃあ。
だからって自分の仕事や家族行事犠牲にしていつまでもいつまでもお付き合いしちゃうから、クリスマスイブに唱題会を敢行するような幹部がいつまでも燃えて暴走するわけで。
一人で燃えてればいいのだが。なんで巻き込むかな?
「一人で長時間唱題会?クリスマスなんて大嫌い!!」でもやってればいいのに。
あ、それが出来ないからクリスマスイブに長時間唱題会やってしまうような幹部になるわけなのね。
なんだかループしてきたぞ。

そんなわけで数時間後に帰宅したどんに待ち受けていた試練。
「クリスマスプレゼント買ってください。クリスマスケーキも買いたいのです。仕事置いて会館行けるだけの時間の余裕があるんだろ?。あんたクリスマスプレゼントいらないよね?あんた学会員なのにクリスマスプレゼントが必要なの?」
妻の意地悪。可哀相に可哀相に、どんさん可哀相に。
ほら地区幹部、君の意地のせいで部員さんがアンチ妻に意地悪されるんだぜ?(違)
かくして、日本の風俗行事になってしまったクリスマスを普通に楽しめるアンチ妻の華さんはアニエスのお財布(1万4千円)を買ってもらい、美味しいケーキも買いに行くことが出来ました。
でも華さんは、その夜ご馳走を作ってどんさんと楽しんだ後、どんさんの仕事を手伝って、どんさんへのクリスマスプレゼント購入を検討しました。
結局、楽しんだんじゃん優しいじゃん。私も許すからいけないのか?ループだな、こりゃこりゃ。
これで終わりかと思いきや。

ところがどっこい、本日。
年末の糞忙しいのに、どんはまた着任です。年末の警備です。
「……テ、テロが起きるかもしれないし」
起きるか馬鹿!どんの言い訳もネタ風味。
小出し小出しに時間を見つけては掃除をしていたとはいえ、年末ギリギリまで仕事をして、そして帰省を控えた私たち夫婦にとっての今日は貴重な大掃除な日なわけだが。
一日中どんがいません!
そんなわけで一人で大掃除である。
なんというか、去年一昨年もあったような光景なのだが、もう振り返らない。過去記事読み返しに行ったりはしない。
洗剤片手に一人、台所のしつこい汚れと戦い、風呂の汚れと戦い、窓の汚れと戦い。
仏敵との戦いも広宣流布の戦いも平和の戦いにすらなってない戦いも、正直どうでもいいから、こっちの掃除の戦いやれや!と怒り気味。
どんの活動が減ったとて、肝心な時に駆り出された日にゃあよう。
去年までのことを思えば、これで我慢するべきか、いやいや譲らないべきか。
譲ってしまうと、またズルズルつけ込まれそうだしなあ。
空気読めない、間が悪し、創価学会。
本当に、私とは気が合わないウマが合わない創価学会。仲良くしたくもないのだが。お互い様か。
とにかく来年もブログでごねてやる。

さっき、なんとか掃除を終わらせて(どんのために一番面倒な箇所の掃除を残してあげた!)、この記事を書きながら天皇杯サッカーの中継を見ていた。
地元チームはもう敗退しているので、なんの思い入れもなく観戦。
コンサドーレもここまで。ガンバのツネ様「いってらっしゃいゲーム」は元旦に。レッドブル・ザルツブルグのレッドブルってF1チームのレッドブルと同じ資本なんですね。初めて知りました。
レッズの永井選手はいつ見ても美形。と、わざわざ書いてしまいたくなるほどいつ見ても美形。セルフプロデュースの写真集出したらしい。見たい見たいけど買うほどでもないけど見たい。
アウェイで来たときのスタジアムで見る時は美形かどうかも判別できないほど遠いので、その点ではテレビは良い。(ちゃんとサッカー見てますよ!)
レッズも元旦に。リーグ最終戦と同じ対戦カード。
実家でどんとのんびり見るのだろう。
そういえば、新年勤行会のお誘いがあったようだが、どんは「実家の会館に行くので」と断っていた。
すいませんね、嘘なんですよ(笑)。しかし嘘も方便。
あちこち波風立てたくない、どんなりの気を使った嘘。
それが良いのか悪いのか、よく分からない。
学会を辞めることとは信仰を捨てることは違うのだがら、白黒ハッキリつけてほしいと思うけれど。
それもまた彼の人生。
そのどんが学会に食われないよう、牽制しつつツッコミつつゴネつつ笑い飛ばすのが、私の人生。
来年もまた続きます。

読んでくださる皆様、コメントをくださる皆様。
今年一年、お世話になりました。
おかげさまで、(去年に比べたら、これでも)まったりとした年末です。
皆様のご愛顧と応援のお陰でもあります。ありがとうございます。
来年も、当ブログをよろしくご贔屓に。
では、良いお年を。

ほのぼのしないで

更新が止まると、華は忙しいのだ、暑さにやられて気力がないのだ、と思ってください…
または、ブログに書くべき学会に関する事件がないのだ、と思ってもらっても……それはまだ早い。
はい、ご無沙汰しておりました。
短いお話を、ひとつ。

盆であったので、帰省の旅に出てみた。
方角が同じなため、私の実家とどんの実家を順に巡る。
その、どんの実家での出来事。
テレビにイカンザキが出ていた。
もとい、テレビに公明党神崎代表が出ていた。
その話を受けて、いつもの癖で(どういう癖だ)どんの耳元で、「今の話のここがヘンだよ、公明党と学会どーよ話」をコソッと囁いてしまう私。
あーいやいや、とどんは誤魔化そうとする。
それはいつもの我が家の光景。
しかし、ここは我が家ではなく、どんの実家で、向かいのソファーに姑(元祖アンチ)がいた。
そして、姑はほのぼのしながら笑顔で言った。
「まるで、昔の私とお父さんみたいねえ。おほほほほ」
お義母さん!そこでほのぼのしないで!微笑ましい目で見ないで!
当の舅はこの時、地元の祭の準備に出かけていて不在である。
宗教ジャーニーを繰り返した舅と連れ添った一般的日本人宗教観の姑。
酸いも甘いも知り尽くし、宗教喧嘩も倦怠期も乗り越えて、ついでに舅は宗門問題の際に学会から離れて、家庭菜園規模の農業を営みながら、人生をゆっくり送る二人。
そこまで来たら、そりゃ「ああ、私もお父さんにこんな嫌味を言ったわね、お父さんってば誤魔化しながら出かけて行ったわオホホホホ」とお茶を啜りながら思えるかもしれない。思い出話として話せるかもしれない。
が、私には小康状態とはいえ、現在進行形なのである。
姑のように笑って話すには、あと数十年もかかるということなのか。
「へえ、そうだったんですか」
相槌をうちながら、よっぽど、どんの活動で大変な時期がありましたとチクってしまおうかと思ったが、そういうことをすると、姑が激怒してどんを叱りとばしそうだったし、無駄に心配をかけても仕方ないので黙っていた。
まあ、この先も話すつもりはないけれど。

それにしても、アンチ妻の先輩格たる若い頃の姑は、舅とどう接していたのだろう、何を考えていたのだろうと、どう折り合いをつけていたのだろう、いろいろ聞いてみたい気持ちもある。
だが、どんが言うところによると「夫婦間の会話がない時期があった」と言うから、やはり大変だったのだろうと思う。
もうこの年になって、そういう思い出を話したくはないだろうから、聞かないことにする。
相も変わらず、知人に頼まれて取っている聖教新聞がペットの犬たちのトイレに敷かれていることが、全てを物語っているのだが。
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: