11月28日の時点では、創価大学サイト内の「入試情報:就職支援・主な就職先企業」には、「(株)ヒューザー」が名を連ねている。
この目で見た。
が、本日、29日では、「(株)ヒューザー」が削除されていた。
この目で見た。

28日に私の「第六感」が珍しく働いてw、サイトを保存しており、そこにはしっかり「(株)ヒューザー」と残っているのだけど、無断掲載はやめておきます。
なんかするだろうとは思ったからサイトを保存したのだが、期待を裏切らない、さすがは創価。
掲載しない代わり、キャッシュが落ちていたので、載せておきます。
現在のサイトと比べてみてください。

↓(株)ヒューザーが残っているキャッシュ。コピペでどうぞ。
http://72.14.203.104/search?q=cache:7GpVvvD2Ay0J:admission.soka.ac.jp/06_career/employment/data04_employment.html+%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC+site:soka.ac.jp&hl=ja


「主な就職先にヒューザーがある!」と2ちゃんねるのスレッドにレスがあったからだろうか。
変な噂だとか、あらぬ関与を疑われるとか、おそらくそういう自衛策だとは思うのだが。
こそこそと情報を削除して「うちとは関係ありません」を繕う必要があるのか。
何よりも、会社がどうあれ、創価大卒業生が働いているはずだ。
削除することは一見、卒業生を守ることのようにも見えるが、それは違うと思う。
オープンな情報を削除することで、公な関わりをなかったことにし、飛び火を避け、卒業生を切り捨てていることではないのか。
加えて、逆にそういう人々がさも何か関わったかのように思わせてしまうことではないか。
こういう姑息な手を使ってでも、創価学会(関連の創価大含む)はクリーンなイメージを繕いたいらしい。
普段から「学会正義」とやらで、敵対団体や日本を罵倒したりしている手前か?
無理だってば。とっくの昔にクリーンじゃないんだし。
学会正義とやらは、都合の悪いところを消して、繕って、出来るものらしい。

後ろ暗いことがないのなら、正々堂々としていればいいのだ。
正義のために断固として戦い抜けばいいじゃないですか。
いつもはさぞご立派なことをおっしゃっているのに、こういう時はさっさと削除とは。
弓谷氏騒動の時もそんな感じで、しれっと新しい男子部長に代わっていたなあ。

それとも、何?公明党議員も動いたことだし、何かあるの?


この件に関して、どんは「無作じゃない!」と憤慨している。
取り繕うことなく、良いことも悪いことも、ありのままで堂々とするべきだ、とかなんとか。
弓谷氏騒動の時も憤慨していたが、どんは学会のこういう体質が本当に嫌いらしい。