過去最高得票らしいが。
公明党の議席が減っている。
小選挙区で、落選しちゃった人とかいる。
うふふふふ。
ネットのニュースを見ていたら「比例選も伸び悩んだ。投票率の上昇で、組織票の効果が相対的に薄れたことなどが要因と見られる。(読売新聞)」とのこと。
投票率の上昇って組織票つぶしに効果があるということが実感できた。
うふふふふ。
イカンザキは「自公過半数確保を訴えてきたが、予想よりずいぶん勝ったという印象だ」とも述べ、「自民大勝の裏に公明ありだ」(共同通信)」とか言ってるけど。
現場では、選挙協力グズグズで、自民党支持層は比例で公明に投票しなかったし、公明党支持者が小選挙区で自民党候補者に投票しないという事態まで起こる地区もあったとか。
現場の心、上層部は知らず。
実は、連立以前までは宿敵でえげつないほどの応酬をしていたような自民党を応援することに、現場レベルでは大きな反発心がある。
うふふふふ。

自民党大勝で、完全に公明党が埋没している状態で、公明党が与党でいる意味がないじゃんと思いはしたのだが。
この度の大勝は今回の選挙限定のことではないだろうか。
郵政民営化YES or NOという明確なテーマ、民主党の政策の弱さや不安感(特に外交問題)、既存政治の改革者になるはずの野党が脆弱で与党自身が改革者の印象を強く示した事(公明党ではなく自民党ね)、総理流演出等々で無党派層の風が自民党に吹いただけだとするならば、安定した集票マシーンである公明党の力はまだまだ保険として自民党に必要なのだ。ましてや来年、敏腕プロデューサー&スター総理は任期を終えると明言している。
現場の学会員がいつまでも選挙協力と言われて、従順に自民党を応援し続けるとは思えないけれど。
うふふふふ。

今回、自民党が無党派層を取り込んで大勝出来たとするならば、次の選挙に無党派層を取り込みたいのは公明党だろうが、私としてはその時、未だかつて無い強いFの嵐が無党派層に吹き抜けて嫌われて逆効果を希望している。イヒ。

私個人としては、女性議員が多く当選したので、それはそれで良かったなと思う(女は政治はわかんないとか料理と政治は一緒って言った人は正直いらないと思ったけれど)。
加えて、この度当選した自民党新人を総理が「派閥には入れない」と明言しているので、その点でも期待は出来る。
民主党も…正直鉄人28号似の真面目すぎる岡田氏と不安要素の残るマニフェストではイマイチだったので、これを気にまた新たな道を模索し力をつけていただきたい。
消去法で党を選ぶのではなく、「どっちも良くてどっちに入れたらいいか困っちゃう」くらいの党になって欲しいと思う。どちらの党も。
造反組新党のこれからも気になるし、確かな野党も瑞穂ちゃんもやっぱり必要な存在なんだろうし。
そして次回の選挙も国民の関心を強く惹きつけ、高い投票率をはじき出せれば。

ん?公明党?何ソレ。

さてさて。選挙戦最後の日の夜。
公明党が議席を減らしたということが確定した時。
私は、寝ていた。
そして、どんに叩き起こされた。
「華ちゃん!公明が!公明が議席を減らした!」
私が学会の存在と同じ位不愉快なことは、睡眠を妨害されることである。
なので、議席が減った喜びと、睡眠が妨害された腹立たしさで、力の限り、喜んでやった。

でもその後、すぐ寝た。

ところで。
どんは、いつ壮年部に上がるんですか?名誉会長
(いっそ辞めてももらってもいいけど)
あ、まだ教学試験がある?
次から次へと、まー。