お待たせしました。本日より通常営業再開です。

九州の方、この度の地震、お見舞い申し上げます。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
コンビニの募金箱程度でしか出来ませんが復興のお手伝いをさせていただきたいと思います。
まだ余震も続いておりますので、お気を付けてお過ごしください。
一日も早く日常生活が戻ることを願っております。


----------
以前。
あるショッピングモールの折込広告を作っていた時のこと。
そのショッピングモールにはイベントスペースがあり、そこで行われるイベントを折込広告で告知していた。
イベントの主催はショッピングモールに限らなかったが、折込広告にはイベント告知枠が用意されており、ショッピングモールの善意で主催団体がその枠にイベント告知ができるようになっていた。
この告知枠には、団体側があらかじめ作ったデザインデータが入ることもあったし、原稿をもらって、制作会社がデザインしたものが入ることもあった。そういう時は、直接主催団体に会うことはなく、ショッピングモールの販促課が原稿を受け取って、折込広告制作時に他の原稿とまとめて制作会社に発注するのである。
そんなある日、そのイベントスペース告知枠用に、ある原稿がやってきた。
一見、展覧会の原稿。しかし、主催は。
ご一緒に!創価?学会?♪
担当営業と二人、原稿を覗き込む。
「…………創価学会ですよ」
営業の声は、なぜかひそひそと小さくなる。
営業は特にアンチというわけではない。
ただ、何かしら良いイメージはないらしい。
何故か腫れ物を触るように小声でヒソヒソと打ち合わせを続ける営業。
一般の人々の反応たるや、こんなものである。

翌日、折込広告の赤字訂正が帰ってきた。
イベントスペース告知枠にあった展覧会告知の「主催:創価学会・後援:●●新聞」の文字にガーーーっと豪快に赤線が引かれ、「トル」の訂正指示。
「主催も、後援も、消してくれって。ショッピングモールの販促課の人が」
営業は相変わらずヒソヒソ声。
「主催も後援も掲載しないんですか?」
「ショッピングモールのイメージがあるからってさ」
…………イメージがあるなら受け付けるなよ、とここで突っ込むわけだが、そんな理由で断れるわけがないのである。そりゃそうだ。
とはいえ、ショッピングモールの販促担当者にも良いイメージはないらしい。
[ちゃんとスペースは貸すし、広告の掲載もするけど、団体名は掲載するのはちょっと抵抗が…、うちにもイメージがあるし、困ったな?。いや、差別するつもりはないんだけどイロイロあるでしょ?団体名掲載することで「え、ここのモールって学会系列?」って思われても困るわけ。そりゃ会場に来る人は分かるだろうけどさ、来た人にだけわかればいいことで、折込広告で大々的に告知することもないじゃん。あー、ほら、創価学会なんて掲載しちゃうとさ、展覧会に興味があっても主催団体を敬遠して来ない人もいるかもしれないし、掲載しないほうが集客が良いかもしれないよ?ね?ね?って来るのはどうせ学会の人が多いから俺の気遣い意味ない?ない?あ、これ気遣いなのよ。いろいろあるのよウチも?俺だけの判断じゃないんだからさ、だからさ、削る。削るよ主催団体。それだけならバランス取れないからさ、後援団体も消しちゃう。いいよね?ね?]
………という葛藤があったかどうかまでは知らないが、まあ、そういう感じらしい。
危うきに近寄らず、無難な策を取りました、そういうことで。
一般の人々の反応たるや、こんなものである。

(で、私は、遠慮無く、ガーーーっと豪快に消させていただきました、「主催:創価学会」。スッキリ)

その営業がその時、以前の会社にいた頃の話をしてくれた。
彼は今の会社に来る前は、あるチェーン店の本店の広報課にいたという。
その本店のフロアの一角にもイベントスペースがあったのだが、知り合いの奥さんという人から、展覧会をしたいのでそこを借りたいという申し出があった。
快く引き受けたが、実はその展覧会の主催は、創価学会。
知り合いの奥さんというのは、おそらく婦人部幹部だったのだろう。
当日、彼は上司に呼ばれ「店舗のイベントスペースで学会のイベントを開催すると、チェーン店そのものが学会系列だと思われて困る。事前に主催団体を確認してから申し出を受けるように」と注意を受けたらしい。
一般の人々の反応たるや、こんなものである。

アンチでもない、一般の人の反応は、「腫れ物に触るように扱う」「正直、扱いに困る」「出来ることなら関わりたくない」「折伏しないなら、選挙の時しつこくしないなら、別にいいけど」といったところではないだろうか。
今回の二つのケースは、客商売のケース。
学会を良く思わない人は多数いることを察していて、学会に関わることで、購買層でもあるそういう人々の足を店から遠ざけることを危惧する経営者側の意図が見える。この場合、「正直、扱いに困る」「出来れば関わりたくない」が本音だろう。
ただ、これは他の宗教にも言えることではあるし、宗教に限らず言えることでもある。その団体が世間にどういうイメージを持たれているかということで対応は違ってくる。
結局はイメージ。客商売はイメージが大事である。
とはいえ客商売でなくとも、一般の人の反応も同様である。
イメージの悪い宗教には近づきたくないのだ。

では、イメージの悪さはどこに派生しているのか。
言わずもがな、学会自身である(散々言われてますね)。なりふり構わず迷惑顧みなかった広宣流布はイコール学会の負のイメージを日本中にまき散らしたとも言える。アンチが悪く言うとか、雑誌やニッケンが悪口三昧とか、そういうことがなくても、どのみち学会自身がイメージを悪くしているわけだから、そりゃ一般の人もイメージ良くは思わない。
創価学会に対する白眼視を「差別だ」と言う言い分もあるが、差別というのは「いわれのないこと」で中傷や誹謗を受けることであって、「いわれのあること」をしてきた学会への世間の反応は差別とは言わないと思う。では、現実に学会から不愉快なことをされてきた人々に対しては、どう表現するのだろうか。邪宗だとか、学会を信仰しないから不幸になったとか、好き放題おっしゃる学会員さんもおられるが、それは他宗教に対する差別とは言わないだろうか?それでも「私達は差別されている、迫害されている」と言えるのだろうか?(幼少時に選択の余地のなく入会させられた2世3世に対しての誹謗中傷は差別と言えるかもしれないが)
「自分達の信仰を悪く言うなよ。でも、他の宗教は悪く言うよ」では全く道理は通らない。
一部の常識外れの学会員の行いで全ての学会員を悪く言うな、という言い分もあるだろう。だが、常識外れな人は一部だろうか?今まで誰も傷つけずに生きてきた人が存在するのだろうか?
学会・非学会関係なく、誰だって意識・無意識にかかわらず、誰かしら傷つけて生きているのだ。私もそうである。
件のEさんだって、普段はごく普通の女性であるだろう。先走りのAさんだって、ごく普通の男性だ。
でも、学会員であるが故に学会内でしか通用しない常識でもって、外部の人間を不愉快にさせている。
だが、この人たちはステレオタイプのように語られる「一部の常識外れな学会員」ではなく「その他の常識ある学会員」のカテゴリに入る種の人々なのだ。
「その他の常識ある学会員」だって「学会内でしか通用しない常識(俗に言う「良かれと思って」「良いものだから」)」で人を傷つけるのである。
イメージの悪さは少数派の「一部の常識外れな学会員」の行動からだけではなく、それ以上に多数派の「その他の常識ある学会員」の行動からも派生していると思う。
口コミにしろネットにしろ、悪い話はあっという間に広まるし、創価学会の悪い部分だけ特出して広まりもする。悪い部分だけが集合しその極端さが「一部の常識外れな学会員」像を作り上げる。
もちろん、極端な学会依存の「一部の常識外れな学会員」の存在は実際にあるだろう。
だが「一部の常識外れな学会員」は「その他の常識ある学会員」の負の部分の集合体でもあるのではないのだろうか。
それでも「人を傷つけるのは一部の常識外れの学会員」と言い切ってその「免罪符」のような言葉の上にあぐらをかける、自分たちの所属する団体全体の問題であるにも関わらず無関係とでも言うような発言が出来るその理由がわからない。

イメージの悪さは修正できるだろうか?
もう、無理だと思うけど。

---------
人権擁護法案でございますか。人権委員会ですか。
名誉会長擁護法案だなんて揶揄されておりますが。
いま、ちょこちょことネットでいろいろ見ております。
現段階での率直な感想を。
私、フェミですけどね、いらんですよ、こんなのは。
人権というのは守られるべきものなのですが、こういう弾圧的な守り方っていうのは、どうなんでしょうか?逆に足を引っ張るだけだと思います。
「人権」という言葉がオソロシイものになってしまう(おかげさまでもう十分怪しげな言葉になってしまっておりますが・怒)。
近頃の政界の人々は極論というか極端でビックリです。
でもこれ、本当に「人権擁護」が目的なんですか?「人権擁護」を傘にした本当の目的があるんじゃないですか?どなたかに利益が行くのでしょうか?
それでもって、言論弾圧法案でもあるんですね。
嫌なものは嫌だと、言えなくなるわけですか?批判も出来ないわけですね?
名誉会長が大喜びする姿が思い浮かびます。
でもですね、名誉会長。
もしも法案が可決されたら「演説での下品な名誉会長ギャグ」とか「演説や聖教新聞での敵対宗教への酷いヤジ」とか「罵倒座談会」とか出来なくなるんじゃないですかね?
立派に人権侵害ですもんねぇ。イヒヒヒヒヒ。
もしそんな法案が可決されたらば、私、絶対、人権委員とやらになります。
そんでもって、信濃町に突撃します。イヒヒヒヒヒヒヒ。
って、人権委員会とやらに学会の息のかかった人が入ったら無駄ですね。
やっぱ、いらんですよ、こんなのは。