私のマイブームです。
--------------------------

どーもぉぉ、HANAです。
日本代表守護神GK川口が骨折で、ソーサッド!なわけだけども。
今日は学会について語ろうかな、なんて思ってる。
いつも語ってるんだけど、今日はちょっとロックに語りたい。いいじゃない?いい感じじゃない?
今、日本で一番システマチックでスキャンダラスなグループ。デンジャラスって言われてるらしいよね?創価学会。
デンジャラスってことじゃ、HANAだってデンジャラスじゃん、なんて思うかもわかんない。
でも、ちょっと待って欲しい。HANAのデンジャラスはロックなわけ。もうバッキバキにロックスピリットがブログから迸っているわけ。HANA的には最高のステージを魅せてる。感じてるよね?無機質なパソコンのモニタから迸る、HANAの熱いアンチパッション。
HANAもいい歳だし?反骨とか、体制に背く、とかそういう青臭さは、もう無いんだけど、いつまでも、そんなフィフティーンズナイトみたいなヤングソウルを忘れたくないわけ。盗んだバイクで走り出すわけじゃなくてさ、ダイレクトにいうと、思考停止でいたくない。そんな感じ。
でも、なんていうかな、学会のデンジャラスはロックじゃないよね。痺れないんだよね、全然。
例えば、音楽。HANAはさ、学会の音楽をちゃんと聴いたことはないのよ。正直な所、聴く気がしないっていうか、ソウルが揺さぶられないわけ、全然。
それは、DONが…マイスイートダーリンなんだけど…ふざけて唱ったからかもしれないんだけれども、軍歌調でさ、受け付けないわけよハートが。
で、DONがふざけついでに、指揮の振りとか再現してくれたわけ。
驚いたね。こう、なんて言うんだろ、単調な一世風靡セピア?空まわってる応援団長?え?こんなのをもっと真剣に男子部の会合でやってるの?っていうショック!耐えらんない。
バッドカルチャアショックだよね。HANA、もうジャバダバよ。
やっぱ、音楽っていうのはさ、カラフルでなきゃって思うわけ。学会歌は多彩よって言われるかもしんない。でもさ、そういうことじゃないんだよね。カラフルってのは。
音楽に必要なのは、カラフルで、フリーダムで、ソウルフル。ハートが踊らなきゃ。ハートが何かに束縛されてる時って、踊らないわけよ。
一体感ってのが必要なのはわかる。でもさ、もっとパーソナルなパッションがドーーーン!まとめてドーーーン!って出てきてほしいわけ。みんなと同じじゃツマラナイ。もっと一人一人のパッションをプレゼンしてほしい。そういうのHANA、嫌いじゃないんだよね。
ま、そもそも学会とHANAはディープソウルのレベルからシンクロできないわけだから、関係ないんだけどね。
名誉会長が作詞したっていうのも、あったりするんでしょ?
名誉会長って、ポエマーなの?OK、じゃあ、詩について話そうと思うんで、ヨロシク。
世界詩歌協会からいただいた、世界桂冠詩人の称号?まあ、よく言われてるけど、世界詩歌協会って、よくわかんないもんらしいじゃない。世界桂冠詩人っていうのも。公式サイトさえないっていう。どこの国のものなの?それさえもわかんないよね。
スポンサーが名誉会長、住宅地に本部が、なんて噂もあるけど、そのへんはHANA、わかんないな。
でも、そんな話をDONにしたら、びっくりしてた。考えたことなかったみたい。サプライズだったみたいよ。ソーバッド!
称号もらって喜んでるだけじゃなくてさ、どういう団体からもらったかって、そこんとこ、インタレスティングをハヴしてほしいよね。ヴェリーインポータントなわけ。OK?
HANAに分かるのは桂冠詩人ってアメリカではアメリカ議会図書館館長が任命するとか、イギリスだったら王室が与えるとかっていうの?そういうこと。世界桂冠詩人と関係あるかどうかは、ミステリー。
で、名誉会長に語りかけたいことがある。
本物っていうのはさ、肩書きじゃないわけ。ハートなわけ。スピリットなわけ。
いいじゃん。詩を書くのが好き、それだけで。他に何がある?ないでしょ?
オーライ!わかる、わかるよ!何書いたって、名誉会長のワンフ達…学会員って言うの?から「素晴らしい」としか褒めてもらえないっていう虚しさ。仕組んだのは誰とは言わないわけだけど。
だからってさ、無理矢理「世界桂冠詩人」っていうの名乗らなくていいわけ。
わかる、わかるよ!ハクをつけたいんでしょ?誰にだってあるよ、そういういきがりたい時期、自分をビッグに見せたいっていうかさ。イカしたギャルを乗せてイカしたキャデラックで、ベガスを突っ切りたい!そんな感じ。HANAもそうだった。成り上がりたい時期ってのがあってさ、それを乗り越えてオトナになってくわけよ。え、名誉会長70代後半?そんななのに、まだ成り上がりたいわけ?いいじゃんいいじゃん、そういうダーティーなディザイア。ソーハングリー、どん欲に生きてたい、そんな感じ?一生青春、いつだって成長痛でハートがこれもんでバッキバキに痛むくらいでさ。いい感じじゃない?
でもさ、ちっともロックじゃないよね。カッコわるい。ソーサッドな生き方だよね。
結局は自己満足なわけ。
気づけば、何も残らない。褒め称えるように刷り込まれたワンフ達の賞賛あびたって嬉しくない。
そりゃそうよ、自己満足のために刷り込まれたんだから。
もっとオネスティーに生きようよ、ビリーみたいにさ。
自己満足を徹底しちゃおうよ。つまらなくってもいい、つまらないのに褒められてもいい、アンチに叩かれてもいい、国内で相手にされなくてもいい、肩書きも、名誉も、称号もいらない。
詩が好き、ユーラヴズポエム、それだけでいいわけ。シンプルイズベスト。最高!
ネイキッドハートから迸るワードをさ、センテンスをさ、書き連ねちゃえばいいわけ。形式なんて気にしない。
ニュースペーパーやグラフとかに掲載される文は優秀なライターチームに全面的に任せてんでしょ?詩だけに専念してるんでしょ?
だったらさ、全てのパッション注ぎ込めば?って思うわけ。つまんなくていいの、自己満足なんだから。
エニウェイ、俺流ドーーーン!まとめてドーーーーン!認めちゃおうよ、人生エンジョイしようよ。アリよさらばしちゃおうよ!
HANA的にはさ、やっぱ戦う名誉会長でいてほしいわけ。戦え!戦え!戦い抜け!ってワンフ達をバッキバキに煽ってるくらいだからさ。
だからさ、出て欲しいよね、詩のボクシング。出場してほしいよね。
炸裂してほしいわけ、名誉会長ファンタジックポエムワールド。審査員を、観客を、対戦相手を、めちゃめちゃビビらせて欲しいわけよ。
で、対戦相手にバッキバキにやられてほしいわけ。これもんで。こてんぱんっていうの?いいじゃない?ほんとにいい感じじゃない?
で、「詩のボクシングにて完全敗北」ってニュースペーパーで大々的にやってほしいわけ。オネスティーでピュアな生身の名誉会長を見せて欲しいわけ。ネイキッドキングにはグッバイしてほしいわけ。
そんなありのままの名誉会長、いいじゃない?素敵じゃない?ほんと、ロックだよね、かっこいいよね。
気弱にならなくても、大丈夫。ノープロブレム。いざって時はさ、タオル投げるんで。A?HA!

じゃ、HANA、これからキャデラック転がして、D・IKEDAのタオル特注してくるんで。ヨロシク!

下記参考文献(軽くでいいので、読んでください。)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/female/1100476196
http://mentai.2ch.net/musicj/kako/963/963197876.html

これを目を通した後、もう一度ブログを読んでください。
頭の中で、日本一のロッカー、彼の声が……
すいません。大好きなんです、こういう2ちゃん発のネタスレ。メーテルとか、ガンダムとか。

ちなみに、DONは彼のタオル持ってるんで。もう風呂場で、バッキバキに使っちゃってるんで。
え、あれは飾ったり肩にかけたりA?HA!ってライブで投げるもんじゃないの?って思うかもしんない。
でも、DONが独身の頃から使ってたんで、そのまま使ってるんで。そこにクエスチョンはさんじゃいけないわけ。OK?
タオルってさ、拭くものであってさ、拭いてこそ、ロックなわけ。OK?
でもDONがいつかライブに行くとき、あのタオルを持っていくのかどうか、HANA的にはちょっと心配。
それじゃ、HANA、風呂入ってきますんで。もちろん、あのタオル使いますんで。ヨロシク。

УΑΖΑШΑファンの皆さま、大変申し訳ありませんでした。
こんなHANAですけど、УΑΖΑШΑのこと、心底カッコイイと思ってるんで、ヨロシク。