まーた、デザイン変えてみましたよ。
あえて、あえて仏像です。
前のデザイン、気に入ってたんですけど、重いんです読み込みが……。嗚呼…。

--------------------

このブログはTBやリンクやURLを貼られているところは少なく、大抵の方は検索でここにたどり着かれている。
その検索ワードを見ていると、創価学会に関わる関心事やそれ以外の関心事が見えてくる。
検索で来られた方に、このブログが役立っているかはわからないが、…どうでしょうか?

●「結婚 創価」
実はこのキーワード(もしくは「妻 創価」や「夫 創価」など関連キーワード)検索がダントツ多い。
彼氏彼女が、実は創価学会員だった、というのはもはや珍しくない話なのだろうか。
□このキーワードで来られる方へ。
学会員の方とお付き合いしていらっしゃるのでしょうか?ご結婚を考えているとか?
学会員と学会員でない夫婦がどういう日々を送っているかは、当ブログを参考にしていただければと思います。(参考にならないかも)
私個人の考えやツッコミが多いですが、創価学会員の夫との日常も書いております。あくまで私と夫のケースなのですが。
ただ私の場合は、学会員は両方の一族で夫のみ(夫の兄が名前だけ学会員ですが)、夫も信仰は個人のものとして私に勧めることはありません。だから壁はまだ低いほうです。
私の口からは、人様の人生に関わることは言えませんが…何か言うとするならば。
相手が学会員なら、その方と学会との距離や、信仰をどう考えているか、他の家族や一族が学会員か、などが今後のポイントになるとは思います。
納得行くまでお二人でよく話し合ってください。
仕事や生活と活動のバランス、互いの家の宗教に関わる行事の折り合い、式や披露宴、葬式やお墓、財務、活動の時間帯、子どもが産まれたら、不安なことは全て。
入会されたくないのであれば、その意志を伝えることを忘れずに。
信仰と結婚は天秤にかけるものではありません。また一家が同じ宗教を信仰しなければならないということもありません。
創価学会は結婚を条件にした折伏は推奨していないはずです。(「無理強いせず信心する姿を見せて理解してもらう」というスタンスだそうですが、理解と入会は別問題だと思います。信仰は個人のものです)
ですが「広宣流布」という性質上、熱心な学会員一家では結婚条件に入会を提示するケースがいくつもあります。それは人権侵害だと思います。
逆に、結婚条件に退会を提示することも、難しいでしょう。
入会も退会も、個人の意志でないかぎり、仲をこじれさせるだけです。追いつめるようにして本人に「イエス」と言わせるのも同様です。
ましてや、当人同士ではなく家族がそういう条件を出すのも言語道断だと思います。
結婚するのはご家族でも学会でもなく、当人です。
信仰の自由は憲法で保障されています。しかし同時に信仰しない自由も同様に憲法で保障されています。
自分が素晴らしいと思っているものを、相手が素晴らしいと思うとは限りません。
その逆もまたしかりです。
お互いが自分の信仰や考えを押しつけ合っても、事態は進展しないと思います。
私を含めて、上手くいく保証はありませんし、何かと問題が生じることも確かです。
ですが現実に、学会員・非学会員(アンチ学会含む)の夫婦で上手くいっている夫婦も数多く存在していることも確かです。
最終的にはお二人が決めることです。
どういう結果になっても、どうか、お互いの生き方・価値観・考えを尊重し思いやる心を忘れないで欲しいと思います。
(自戒の念を込めて。…だめじゃん、私w。気を付けよう)

ま、ダメでも人生やり直しはいくらでもききますから。(え?!)

●「芸能人(個人名) 創価」
これも多い。気にしてる人が多いんだなあ。正直、気にはなるが、どうでもいいような。
私自身も知らなくて、どんに「芸能人の○○の講演が会館であるから、着任があるよ」
という話を聞いて初めて知ったということもあった。
ちなみに関連キーワードとして、「創価 青木さやか・長井秀和・波田陽区」「学会タレント」も多い。
長井秀和は実家が聖教新聞配達に家族が公明党議員、本人創価大卒と、自他ともに認める輝かしいまでの学会員、まさに学会オブ学会だが。
他の2名はよくわからない。青木さやかはわからないけど、波田陽区は違うんじゃないかと勝手に予測。
□このキーワードで来られる方へ。
すいません、何も提供できる情報はありません…………(滝汗)


ただですね、他のタレントさんにも言えることですが、
世間での学会の評判があれなものですから、気になさるのは分かります。
でも、本人が何を信じているかなんて、個人のことですから、ファンは知らなくてもいいことなわけです。
そういうことよりも、本業の歌なりお芝居なり芸なりを評価して応援したらいいと思います。
まあ、本業をおろそかにされて宗教にのめり込まれたら、嫌ですけれども。

中学1年生からずっと、TM NETWORKファンをずっと続けている、創価学会アンチの私めの意見でございます。
(ご存じの方は、私の心中がいかに複雑か、察していただけるかと……泣)



他にも、予想もつかない面白いキーワードで検索してくる人は多い。
十人十色、いろんな発想があるなあ。人間って面白い。
ただ結果として、私のブログはあまり検索で来てくださった方のお役にはたっていないような気がする。
でも、役に立たなくても気に入っていただいて、ブックマーク登録にしてくだされば嬉しいことはない。

気に入られましたら、今後ともご贔屓に。