信濃町には創価学会本部及び学会関係施設がある。
ということで。
「信濃町に行ってみたいとか思うの?」
と、どんに聞いてみた。
「別に」
「なんで?学会員には重要な場所じゃないの?」
「聖地っぽく言われてるけど、俺、どこかに『聖地』を定義して神聖視するの、嫌なんだよね。だから興味ない」
「へえ」
「池田先生が居るからってさ、神聖視して崇めるのも先生に迷惑だと思うよ。先生の名前で暴走したりするんだよね、そういう奴に限って」
どんにもいろいろ思うところがあるようでございます。
名誉会長自身が暴走してるのでは?とちょっと思ったけど、私も十分暴走してるし、そういうことを口に出すとどんも暴走するので、辞めておいた。

どんは、学会幹部や上層部を批判しても、絶対に名誉会長は悪く言わない。関与しているかも、という疑いも抱いていないらしい。
私には胡散臭い爺さんだが、どんにとっては尊敬する先生。
尊敬する人にクリーンであって欲しいという気持ちはわかるが。
信じすぎるのも危険だとも思ってみたり。
はたして、名誉会長はどんを裏切っているのか、裏切っていないのか、それは名誉会長のみぞ知る。(「のみ」ってことはないと思うけど)
……仮に裏切られたことが露呈して(一応、『仮に』をつけておく)、「先生は取り巻き幹部に陥れられたんだ!」とか言うかなあ。
そう言い出す人いっぱいいるだろうなあ。
愛されてるなあ、名誉会長って。幸せ者だなあ、名誉会長って。

私は大嫌いですけど。…そりゃお互い様か(笑)


あれだけ多くの人に愛されているんだから、その愛を裏切れないよね。ねえ?