妻はアンチ、夫はバリバリ。archive

創価学会員の夫と結婚した創価学会アンチの妻の記録。
創価学会なぞ笑い飛ばす気持ちで。すったもんだの後、
夫は緩やかに非活へ。現在は穏やかな日々。夫公認。更新及びコメント受付終了。アーカイブ化。
※学会員との結婚や交際を推奨するものでも、安心材料となるものでもありません。
※しっかり話し合い、答えを見つけるための参考になさっていただければと思います。

早朝バズーカ不発!

朝、目覚めると、どんはまだ寝ていた。
……早朝バズーカ、もとい題目は?
「行くんじゃないの?」
揺すり起こして聞いてみる。
「……行かない……」
「なんで?約束してるんじゃないの?」
「……してない」
は?
「え、そうなの?」
「△△さんが●●さん家で題目あげるっていうから、一緒に行こうって俺が思っただけ……」
「思っただけ?」
「二人には言ってない…」
「眠気に負けたと?」
「……負けた……おやすみ……」
信心、足りないんじゃないですかねえ?

いや、別に行ってほしかったわけじゃないけど、
そんなにあっさり翻されると、いまいちアンチ心が盛り上がりに欠けちゃうと言うか(違)
「普段は起こそうとしても寝てるクセにこういう時は朝早く起きて題目あげに行くなんてヒドイわヒドイわ」って騒ぎたかったんだけど…。
ブログ的にはオチがついたので、まあいいか。
どんという男は、自分の体調と信仰、どっちを優先させる人間かと言うと、
100%自分の体調である。
自分の体に無理してでも活動しないので、その辺は安心している。
この場合は、体調管理というより「眠りたい」という自分の欲求に素直に従っただけか…。

結局、眠るどんをそのままに、ネタ探しで本日の聖教新聞チェック。
相変わらず一昔前の青春ドラマのセリフのような文言が並ぶ。
広告制作に携わる立場から言うと見出しや文章にセンスないな。あ、わざとなのかな?
注目は名物糾弾座談会(華命名)。「女房の尻に敷かれてるくせに(笑い)」。二度ほど出てきたこのセリフ。
今時、こういうセリフを人を揶揄する時に使うっていうのは……いかがなものかと思うんですけど。
熱烈熱血スローガン寸鉄(華命名)と並んで、糾弾座談会は学会員の中でさえ不評のページと聞く。
初めて見たときびっくりした。
機関誌とはいえ曲がりなりにも「新聞」を名乗る媒体がこんな事していいのかと。
団体をまとめ上げるには「敵」という存在が常に必要なのだろうか。
「敵対」団体を糾弾し続けることで、学会員の優位性・正当性と保障しているのだろうか。
まあ、それぞれの言い分やここに至るまでの確執はあるのだろうけれど。
気にくわんかったら無視しといたらいいのに。変なの。
私は新聞を畳むとマガジンラックに放り込んだ。

ちなみに、ウチはどんの自腹で聖教新聞、私の自腹で毎日新聞である。
実家ではずっと毎日新聞だったし、西原理恵子のエッセイもあるし、と思っていたのだが。
…………………………。
聖教新聞が毎日新聞や各地方新聞系列の印刷所で刷ってるって最近知った。…………○|?|_
学会系雑誌の広告費や印刷費の事とかは知っていたのだが、新聞の印刷所までとは……。
いや、でもねえうちの地方ではねえ、聖教新聞は地方紙の印刷所で刷ってるみたいだし。
あははは。…………○|?|_

最近、私は学会の疑問やら不審点をどんにぶつけなくなった。
時々、どんが何を話しているのか、わからなくなるからだ。
学会のことを話すどんの言葉は、日本語なのに日本語でないように感じる。
そういう時のどんを遠く感じるけれど、その日本語を理解することはできない。
でもそれはそれで、いいのかもしれない。
無理な歩み寄りは、互いの心の健康に良くない。

…………。
…………さて寝よう。難しいことは、眠って忘れてしまえ。

早朝バズーカ!!!

どんが珍しく夜の会合からすんなり帰ってきた。
ナントカ試験(教義の試験ですかね)が終わるまでは忙しいといいつつ、終わってからもずるずると忙しくしていたどんが、である。
ゆっくりすればいいやん、と思いきや。
「明日は朝早く起きて、●●さん家で早朝ナントカ(失念した)しないと」
「は?なんで」
「最近△△さんが、忙しくて活動できなくてさ、いろいろ悩んでてさ、それだったら●●さんが朝の出勤前に題目をあげようって提案してさ、俺も一緒に行こうと思って」
「………すいません、どうして早朝に人ん家で題目あげるんですかね?」
「いや、一緒にがんばろうっていう励ましの意味もこめて」
「………すいません、何でアンタまで行くんですかね?」
「いや、創価班の仲間だし」
「………すいません、私にわかる日本語で話してもらっていいですかね」
「あはははは、まーわかりにくいだろうねえ」
すいません、まったくわかりません。

えっと、△△さんが忙しくて、だから出勤前の朝に●●さんが「ボクの家で一緒に題目あげようぜ!」っていう話で、ウチのどんが「仲間として俺も一緒に題目あげるよ!だからがんばろうぜ!△△くん!」「うん、俺がんばるよ!」「そうだ、その調子だよ△△くん!」「ほら、見てごらん!朝日も俺達を応援してるよ!」
すいません、大映テレビの青春ドラマのワンシーンか何かですか?
…無論、私の想像上の会話ですけど、青春ドラマに置き換えないと、なかなかシチュエーションが思い浮かべにくかったものですから、つい。

「早朝から迷惑じゃないの?●●さん家の家族の方とかさあ」
「いや、大丈夫よ。一家全員幹部だから」
「…………………ああ、そう」


おもしろい人たちだなあ。あははははは。
しかし早朝からオジサン三人が集まって同じ姿勢で題目あげてるのってビジュアル的にどう…なんでしょ?

つーかついでなら毎朝、早く起きてくださいよ……。5edb722d.jpg

危機管理、足りないですか?

アンチ創価学会系のブログやサイトを時々チェックする。
こう…皆さん、はっきりと調査とか体験とかに基づいた自分の主張を持っていて「創価はコレコレこうだからよろしくない!」ということを筋道立てて説明されている。
すごいなあ……いいのかな、私、こんなにのほほんとしてて。
まだ、強烈に自己主張されたり入会を迫ったりという方には幸いにも遭遇していないからなのか。

周囲に、ウチのどん以外の創価学会員は何人かいるが、人様に思いっきり迷惑をかける人はとりあえずいらっしゃらない(過去、嫌な思いをさせられた方とは疎遠になったし)。
が。何もないわけではない。
どんと私の共通の知り合いに「時間をかけて折伏してやるイヒヒヒヒヒ」とおっしゃるAさんという人がいて、そのAさんを警戒しつつ「誰が折伏されるかイヒヒヒヒヒ」と返している。
一度、婦人部の方が家に来られた事があり、「華は出なくていいよ」とどんが応対してくれた。講演会のご案内だったらしく「取って食べはしないから奥さんによろしく」とチラシを置いて行かれた。
そのAさんにしても、婦人部の方にしても「学会外の人には学会のイメージがあまりよろしくない」というのを判っていらっしゃる故の「時間をかけて?」「取って食べはしない?」という発言だと思う。
でも、やっぱり折伏する気満々やし、取って食べなくても講演会に誘いに来たやんか!
のほほんとしていても、やっぱり危機は危機?

アンチ学会系のブログやサイトを見て思うのは、「ウチのどんもマインドコントロールされてんだろうなあ」。
すいません、必死さが足りなくて。
私に危害が及ばなければ、どんが自分で選び取ったことだし幸せならそれでいいんじゃないかなあ、などと不謹慎にも考えてしまったりして。
そりゃ、夫が創価学会で良いか嫌かと聞かれると、嫌に決まっている。ええもちろん。
でも対外的には面倒見のいい人間だと言われる私だが、人を突き放すようなところがあり、「好きなようにしたらよろし。その代わり自分のケツは自分で拭きや」と思ってしまうのだ。
私には夫婦や家族はセットでという意識があまりない。何をしてもまず「個人」ありきという考え方が先に立つ。付かず離れず程良くが丁度良いと思ってきた。
駄目ですか?突き放してたら駄目ですかね?(汗)
もちろん創価学会という団体の黒い部分の噂や狂信的学会員の常識を逸脱した行動を全く知らないわけではない。人様に多大なる迷惑をかけている以上、本人が幸せならそれで良いとは思わない。それにやっぱりブログやサイトを見ていると、私ももっと真剣に考えないとイカンと思う。
思うんだけど、今すぐに何が出来るわけでもないし…。
やっぱ駄目じゃん。駄目駄目、超ヘタレ。
……とりあえず、勉強しつつ、客観的にウチのどんや創価学会を観察しつつ、考えたことをブログで発信するようなアンチ活動をしていこう。
自分のペースで。
いいじゃないか、のほほんとしたアンチブログがあっても(開き直り)。
ただ。
この先、噂に聞く強烈学会員さんとの出会い・展開がもしもあったなら、必死の攻防戦を繰り広げる一大スペクタクルのアンチ対創価学会員戦記ブログになってしまう可能性がないわけではない。
いや出来れば、のほほんとやっていきたいですよイヒヒヒヒヒ。
797b29b8.jpg
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: