妻はアンチ、夫はバリバリ。archive

創価学会員の夫と結婚した創価学会アンチの妻の記録。
創価学会なぞ笑い飛ばす気持ちで。すったもんだの後、
夫は緩やかに非活へ。現在は穏やかな日々。夫公認。更新及びコメント受付終了。アーカイブ化。
※学会員との結婚や交際を推奨するものでも、安心材料となるものでもありません。
※しっかり話し合い、答えを見つけるための参考になさっていただければと思います。

ペ・ヨンジュン=?

月曜の日本テレビ「スーパーテレビ」のぺ様(私はヨン様とは呼ばん!)特集を見た。
熱狂する妙齢の女性達。
既婚未婚バツイチ関わらずご自分の働いたお金をぺ様に使う方々もいらっしゃると同時に、裕福な夫と結婚された俗に言う「勝ち犬」の方々もいらっしゃると思う。
お金も愛情も手に入れた「勝ち犬」にも関わらず、理想の男性に心をときめき入れ込むというのは、やっぱり、日常では埋められないものがあるのかなあ…。
と、結婚してもなお負け犬気質の私は思ってみたりして。負け犬上等!ビバ負け犬!
(「勝ち犬・負け犬」については酒井順子著「負け犬の遠吠え」参照で)
っていうか、専業主婦でぺ様の追っかけされている方の資金源は……?(だんなさん、ご苦労様です……)
いやね、まあね、個人資産とかある人もいるだろうし、決めつけちゃいかんね私。

その妙齢の女性達というのは、婦人部の年齢層と重なっているのでは、とはたと気づいた。
選挙時に底力を発揮しまくり、世間様に迷惑かけつつ選挙違反に足を突っ込みつつ手弁当でF票を集めあげるアグレッシブかつパワフルな皆さん。
創価学会は婦人部の力で持っている、と豪語される方もいらっしゃるとかで。
その源は学会信仰心だけではないという。
「いるんだよね、名誉会長ファン」
どんからも聞いたことがあるし、ネットのサイトでも見かけたことがある、この言葉。
以前立ち読みした雑誌に創価学会の記事があった。
雑誌名は失念してしまったが、創価学会と宝塚歌劇団の関係を取り上げた記事だったと記憶している。
今は公明党議員になられた学会員元タカラジェンヌが名誉会長と会ったときに「よくがんばっているね、と褒めていただいた。周囲とは競争、努力して当たり前、その努力を人に見せてはいけない、そういう競争社会の中で、会長に褒めていただいたということが救われた」というような主旨のことを語っている。

普段、かけてもらえない言葉をかけてもらうと、やはり人はほだされる。
家庭の中で夫や子に尽くして当たり前、感謝されるわけではない日々を送る→でも学会活動の中でその会のトップに優しい言葉をかけてもらえる。→私のことを見てくださった!→ますますがんばっちゃう。で、名誉会長ファン。
全てがそういう事だと言い切るつもりは全くない。そういうケースもあるのではという話だ。
そのケースをぺ様ファンに当てはめてみる。
家庭の中で夫や子に尽くして当たり前、感謝されるわけではない日々を送る→冬ソナ純愛物語で失ったと思っていた乙女心を取り戻す→その主演俳優の優しい微笑み柔らかな物腰に心奪われる→その主演俳優はファンのことを「家族」と呼び、その「家族」へ(日本のホテルと警察に迷惑をかけても)徹底したファンサービスをする。こんなに私のことを思ってくれている!!→ますますのめり込んじゃう。で、ぺ様ファン。
つまり、名誉会長=ぺ様。容姿は(以下略)

すいませんすいませんでもそういう風に感じたんですすいませんすいません。
で、まあ話は最初に戻るわけだが、既婚未婚バツイチ勝ち犬負け犬専業主婦兼業主婦関わらず、日々の生活の中で満たされなかった何かをぺ様は満たしてくれる。
それは創価学会の名誉会長ファンにもやはりあてはまるところではないだろうか。
ぺ様も名誉会長も、その満たされない何かを見抜き人の心を掌握するということにおいては長けているのだと思う。だから人気俳優、だから名誉会長。例えそれが日本人ファンや宗教団体内という限られた世界でしか通用しなくとも。
でもどんなに熱狂したって、ぺ様や名誉会長が老後の面倒見てくれるわけではない。
結局、「満ち足りない」日常の中にいる、身近な人々が本人を助けることになる。
ファンや信者の代わりはいくらでもいる。でも身近な人々にとって、その人の代わりはその人しかいない。
生活に潤いは大事。でもほどほどに。それから互いに感謝の言葉を。

私的には宗教団体の胡散臭いお爺さん名誉会長写真集を買うより、ン万円もするペ様筋肉写真集を買うほうが全然マシだと思う。ええ。アンチですからワタクシ。
アンチ云々以前に、目の保養になるのはどっちっていう規準で見たら、おのずとねえ?
そら胡散臭いお爺さんの写真じゃ萌えないし。
私個人の美意識がそう判断する。無意識の感覚がした選択だからその辺(笑)
とはいえ本音はどっちか選べと言われたら、間違いなく他の選択肢を探す。

ついでに、スーパーテレビの感想。
ファンの人が怪我したっていう事故。
ペ様が強硬に「私の家族(ファン)に挨拶したい」と警察とホテルの制止を振り切った挙げ句の出来事で。
…………どうなんこの人。
混乱を危惧する警察やホテル側にぺ様は「私の家族(ファン)がそんなことするはずがない」
…………どうなんこの人。好きな男を前にした日本一パワフルでアグレッシブな年齢層の方々の脅威を甘く見過ぎ。
でも、そこまで言い切ったペ様を裏切って突進したファンも……どうなんこの人たち、だよなあ。
6eaf1596.jpg



12/1、エイズデーです。
間違った性の情報が氾濫し、とはいえ性教育もままならないこの頃。
とりあえず言えることは
コンドーム着ける、検査にいく、正しい知識を得る。
http://redribbon.yahoo.co.jp/
とっくに対岸の火事じゃあございませんことよ。

深夜に鳴る電話

私の仕事が忙しくなってきた。
わたわたと準備をしていたところ、同僚から「華さんは仕事が忙しくなるとテンション上がるし生き生きしてるよね」と言われてしまった。
仕事は好きだ。
が。仕事が暇だと不安になり、定時に帰れる時は罪悪感を感じてしまうあたりは、もう、会社の都合に毒されているとしか。
忙しいと生き生きするけれど仕事量から残業は必須、でも給料体系上ほぼサービス残業。
やりがいあって生き生きできて、でも無償ってこれボランティア?ねえボランティア?
この業界、印刷業界と連動して社会の底辺のほうに位置している。(それでもお金が回るところは回る。大手とか有名プロダクションとかその関連とか)
だから今の会社よりも待遇が悪いところは腐るほどあって(というか腐ってて)少ないけど給料が毎月ちゃんと出て(滞る会社がある)健康診断があって(ない会社のほうが多い)世間様に比べたら少ないけれどボーナスがあって(小遣い程度・または出ない会社がある)有給休暇がとれる(とれない会社が多い)我が社は全然良心的だったりする。会社として最低ラインの制度が良心的になるという恐ろしい業界…。
独立して自営のどんは「独立したらいいのに」と言うが、独立するにはスキルも人脈も足りないような気がするし。まあ、いろいろ悩むところで。
やりがいもあるし充実してるし、出来上がった広告が世に出るのはやっぱり嬉しいし、でも給料安いしサービス残業多いし体調崩した人もいるし精神病んだ人もいるし過労死した人もいるし自殺した人もいるし。いやはや。フフフフフ。
とりあえず一言。印刷・広告業界は、多くのボランティアで回ってます。
………_|?|〇
就職活動中の皆さま。参考になりましたか?
で、残業で帰宅が深夜に及ぶ時期に突入しかけているわけだが、そんなときは自営のどんが頼り。
帰宅が遅くなる説明をせずとも判ってくれるし、家事もするし、我ながら良いパートナーじゃないか!創価学会だけど。ハハハハ……

そんなわけで本日の創価学会ネタ。(長い前フリ兼私の愚痴吐き)
月曜の深夜1時過ぎ、どんの携帯電話が鳴った。
それで目が覚めた。どんは起きない。
「誰じゃコラ」と目をこすりつつディスプレイを覗かせていただく。
…………創価班の方からのお電話。
時計を見れば午前1時。非常識!こんな深夜にどんを起こせるかい!と放置決定で寝直して十数分後。
こんどはメール着信。再び起こされる。でもどんは起きない。
ああああ、そうですか、どんが出ないもんだから、寝てるんだなってメールにしましたか。そうですかそうですか、賢明な判断ですよでもね、結局着信音鳴ってますけどねえ。
そして朝。
出勤前、眠りこけるどんを叩き起こし、「午前1時過ぎに創価班の某さんって方からお電話がございましたがなんで深夜に電話かけられるんでしょうか非常識じゃございませんこと?」と苦情を伝えたところ。
「…何で華にそこまで言われないといけないの」
あれ?逆ギレ?逆ギレですか?非常識なのは某さんですよ?
「俺が遅くなってもいいから報告の電話してって言ったの」
…………………………………………………
お前か!!!!
だったら寝てないで電話に出ろ!!!
すみませんでした某さん。
次にこのような事があった時はどんを叩き起こしますから。

そんなに睡眠が大事かお前さん。普段のあの責任感は一体なんだ。
つーか起きられないなら創価学会なんて、辞めちまえ。
3f2657fb.jpg

イカンザキさんがNEWS23に出ていた。
結党40周年ですか。へえ。
内容はどんの口から聞かされたことばかりなので特に目新しいこともなく。
公明党や創価学会に詳しくなっていく自分が嫌。

報告!着任であります!

先日、どんは会館の着任でありました!

土曜日に、何かの罪滅ぼしのように隣県にドライブに連れて行ってくれたが(笑)、着任のあった日曜日は独りで家にぽつん。ま、ゆっくりしてたけど。
9時過ぎにどんは帰宅。なにやら落ち込んでいる様子。
「任務に自信がなくなった。俺、向いてないかも」
自分の手際の悪さに自己嫌悪しているらしい。
取りあえず励ましてみる私。パートナーとしては合格、アンチとしては失格(笑)
あまりグズグズするので、ちょっとキレて、辞めちゃえよ!と言い放つ私。
アンチとしては合格、パートナーとしては失格(笑)。
まあ、まさに彼自身の問題であるから、題目とやらでもなんでもあげて自力で立ち直って頂戴よ。
…パートナーとして大失格(笑)。
彼の信心である。辞めるも、続けて精進するも、私の知ったことでは…私の口出しできる範疇ではない。
「辞めるなんて無責任なことは出来ないよ」
ほらほら、あっさり答えは出るわけだし。

とはいえ心配は、責任とどん自身の本心との間に、どんが板挟みになること。
学会は負担を努力で克服し任務を全うすることが信心だとか言うのかもしれないけれど、克服できないことがイコール信心が足りない、というふうに自分を追いつめてしまうことがあるのではないか。
生活や体と心の健康を犠牲にした信仰は、信仰とはいえないのではないか。
団体運営のための学会か、学会のための団体運営か。個はどこまで犠牲になるべきか。
学会のための個なのか、個のための学会なのか。
団体運営活動が強制ではなくても、前向きすぎる言葉でせざるを得ない雰囲気に持っていくのは強制ではないか。
いろいろ疑問は尽きない。

さておき。ウチのどんの話。
周囲が人望が厚い(らしい)どんを頼っているのか、周囲が別に良いよと言うのにどんが自主的に責任を全うしているのか。
端から見るとその半々だろうか。
例えば。
ただでさえ通常の学会活動と仕事で忙しいのに、さらに「●●部長になってくれ」というお願いをされたことがあった(過去に受けたことがあるらしいが、超多忙を極めて懲りたらしく今回はさすがに断っていた)。
またその逆のケースで、着任出来なくなった人がいて、着任の代行を人に振らずに(または断られて)自分から着任についたこともあった(そのために私との予定がキャンセルになった)。
など。実際に両方の出来事は起こっているわけだし。
そんな中で、100%体調を優先すると言う一方、「責任感」も強いどんはきちんと線引きできているのだろうか。
本音をいえば、パートナーであっても私にはそれは判らない。
「無理はするな」「体調優先だから大丈夫」という会話を繰り返してきた。
とはいえ、体調や私との予定よりも学会を優先させたことは何度かあるわけで(その逆もあるけれど)、そうなってくると、どんの体調に加えて先々の生活に対して不安が残る。
私が妊娠したとき、子どもを産むとき、子どもが産まれた後、子どもの行事と学会行事がバッティングしたとき。
それは私だけでなく、学会員のパートナーを持つ人が、常に不安に思っていることのひとつではないだろうか。
どんは「子ども優先」と言い切る。「さすがに考えているよ」と。
私はどんを信じている。でも、実際に直面した時、どんの「責任感」はどう対応するか、自信がもてない。
責任感があることは素晴らしいことだと思う。でもその「責任感」がどんの「創価学会仕様」になっている部分ではないかという気がしないわけでもない。

マジメに書いちゃった(エヘ)
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: