妻はアンチ、夫はバリバリ。archive

創価学会員の夫と結婚した創価学会アンチの妻の記録。
創価学会なぞ笑い飛ばす気持ちで。すったもんだの後、
夫は緩やかに非活へ。現在は穏やかな日々。夫公認。更新及びコメント受付終了。アーカイブ化。
※学会員との結婚や交際を推奨するものでも、安心材料となるものでもありません。
※しっかり話し合い、答えを見つけるための参考になさっていただければと思います。

Mission

少し前のことなのだが。

新婚で引っ越したばかりのウチに、Aさん(11/25の日記参照)が遊びに行くからと突然の連絡があった。
Aさんは私とどんの共通の知人で、さらに私とAさんの共通の友人の女性Kさんも伴うという。
そのKさんも創価学会婦人部。
AさんとKさんは学会ではなく仕事を通して知り合ったのだが、最初は互いに学会員とは知らなかったという。
どんとAさんも昔に仕事を通して知り合っていて、会館で鉢合わせてびっくりしたらしい。
で、最初はAさんKさん二人で来るという話が、Aさんが「K(Kさんは既婚女性、Aさんは壮年部独身男性)と二人きりではマズイから」ということで、Bさんという方も一緒に来るという。
スイマセン、Bさんって誰ですか?
「どん、Bさんって知ってる?AさんKさんと一緒に来るっていう人」
「ああ、学会の古い友達よ。昨日会館で会ったんだけど『Aさんからどん君の家に遊びに行くよって誘いを受けたんだけど、いいの?』って聞かれたよ」
………また創価学会員か!

フィーリングカップル4:1。
4が創価で1が無宗教(実家は真宗)。

……………ピンチ。私ピンチ。聞いたことがあるよこのシチュエーション。
学会員の友達が遊びに来たら、さらに友達の学会仲間も数人くっついてきて折伏されかけたとか、
学会員の友達に呼び出されて遊びにいったら、そこには友達の学会仲間もいて以下略とか。
それですか?そうなんですか?
BさんKさんはともかく、Aさん。Aさんの魂胆が怖い。話すたびに「学会員になれ?」としつこいAさんが何を考えているか怖いぞマジ怖いぞ。
そしてAさんの愛すべき欠点に「先走り」がある。いろんなことを先走って考えて一人で大騒ぎするのである。それが面白いから「愛すべき欠点」なのだが(たまに迷惑)。
学会員と非学会員が結婚したからって、もしやまた先走ってる?

折伏フィーリングカップル4:1。
4が創価で1が無宗教(実家は真宗)。

いや、ただ単に遊びに来たいだけかもしれないし、疑っては失礼。
失礼じゃないか私。
大丈夫。嫌がる私に強要するような人じゃないよ。
学会員4人といっても、うち1人はどんだ。きっと守ってくれる。
一応BGMはゴスペルを流そう。歌っちゃおう。この機会に興味のあったしどんも読みたがっていたからイザナギ流の本とか買って参考にしてお札も貼っておこうかな。それと神社で家内安全のお守りを買って。にんにくとか玄関に飾ったりして。真宗って南無阿弥陀仏だっけ。アタシ負けない。南無妙法蓮華経には負けない!

………十分、失礼ですね私。すみませんでした。

疑うのは失礼とは思うものの、日頃のAさんの言動と先走りを思えばいまいち不安だ。
私とAさんの共通の友人で、学会員でない人は何人もいる。
その中にはどんも知っている人だっている。
なのにその人達を呼ばずに、私とは面識のない学会員の人を呼ぶのは何故か?
人様の家に遊びに行くわけだ。その家の住民とは面識のない人間より、面識のある人間を伴うのが自然なはず。
しかも、Bさんも伴うことを、どんに了承を得る前にAさんBさんの間だけで決めている。
怪しい。かなり怪しい。
でも、BさんKさんは面識がないというし、結託して折伏というわけではないだろう。
だからAさんをBさんKさんが加勢するとは考えにくい。
っていうか、Kさんとも面識のないBさん呼ぶなんてどういうこと?
あれか?多くの学会員さんと私を引き合わせることによって懐柔させようとしてる?
Aさんの真意は分からない。
分からなさすぎて怪しい。かなり怪しい。

とりあえず警戒。厳戒警戒態勢発動。
先手根回し作戦決行。
「どん、Aさんって折伏しに来るつもりじゃない?」
「また?、疑いすぎだよ」
「だってさあ…私とどんとAさんと共通の知り合いで学会員じゃない人もいるのに、
わざわざ私とは面識のない学会員を誘うっておかしくない?」
「それはそうだけど警戒しすぎじゃない?」
「話題に出なかったらそれはそれでいいのよ。でも話題に出るだけならまだしも折伏するつもりとかだったらさあ。私何回も嫌だって言ってるのに、会うたびにそんな話するしさあ。なんかまた先走りの気配がするんだけど」
「……うーん」
「でね、Bさんにお願いしてほしいの」
「は?」
「もしAさんが先走って折伏しはじめたらBさん止めてくださいって」
「えーーーー」
どんにもAさんにも申し訳ないとも思ったし、考えすぎだとも思ったのだが。
なんせ厳戒警戒態勢中。過剰防衛でも防衛は防衛。保険はかけておいたほうがいい。
なだめすかしてお願いして、どんはBさんに「ちょっとシチュエーション的に妻が警戒しているので」と伝えてくれた。
ふふふふふ、Aさん。出会ったことの私とはもう違うわ。あなたに鍛えられたのよ。
皮肉ね、あなたがライトな折伏トークをする度に、私はあなたから離れていくの。
あなたは私にがっかりするかもしれないけど、こんな私にしたのはあなた…。

あとはKさんへの根回しである。
彼女へはどう言うか、考えていたところ。
約束の日に、私に休日出勤の予定が入り、どんに急な着任の予定が入った。
ビバ!仕事!!ビバ!着任!!
先走ったのはAさんなのか、私なのか。
かくして、Aさんの「またの機会にね?」という真意の見えない陽気な声と共に約束は流れていった。

学会の人との友達つき合いは、相手がバリバリであればあるほど「折伏されるのでは?」という不安がぬぐい去れずに一定距離をおいてしまう。(どんは信頼しているし宗教は個人のものと考えているので、そういうことはない)
私自身の「人を疑う」という心の問題でもあると思うし、嫌なら断ればいいだけの話だが、相手が引き下がらなかったら相手を嫌ってしまい友達を失ってしまうことになるような気がしてしまうのだ。
創価学会に限らず相手の属する団体のイメージが自分にとって良くなければ、それに巻き込まれることに警戒するのは仕方のないこととは思えど、そのイメージに振り回されてしまうことにも悲しさを覚える。
うーん、難しい。

ところで。Aさんの「Kとは二人きりではマズイから」発言。
「間違いを起こさない自信がないんだよねえ」とのことで。
……は?
「いくらKが既婚でもねえ、男と女でしょ。あるわけよ。揺らぎが」
……………何言ってんだこの人。なんでニヤニヤしてるの?
このAさんの話をKさんにしたところ。
「馬鹿じゃないの?なんで私がAさん相手に揺らがないといけないわけ?なに自惚れてるの?つーか私にも選ぶ権利くらいあるわよ!つーかAさんと二人きりで閉じこめられても間違いなんて起こすわけないじゃないのよ!人類が滅んで二人だけになってもあり得ないわよ間違いなんて!!」
と一気にまくしたてた。
その通りです。Aさんのいつもの先走りです。
「あーゆー人のことをねえ、信心が足りないっていうのよ!!」
ごもっともでございます。

2世さんの憂鬱

基本的に土日はお休みのつもりですが、昨日書けなかったので本日更新。

学会2世の知人がいる。二十代半ばの男性である。
両親、姉はバリバリ、彼自身は距離を置いているとのこと。男子部幽霊学会員である。
「親と姉ちゃんが題目を上げている様はゾッとする」と言い切る彼だが、「創価学会は普通の宗教」とも言っている。
確かに多いけど、多いと言うことが普通ということには必ずしもあてはまらないわけで。十二分にヘンな宗教で。
彼が「普通の宗教」と言い張る様は、まるで言い訳をしているように見える。普通の宗教と言うと同時に「ゾッとする」「選挙前は親が五月蠅いから一応友達には公明党を勧める」「姉ちゃんは学会員と結婚したいと言ってるけどオレは勘弁。なのに親が許さない」など学会を嫌がるような言動を取っているからだ。熱心な信者であるお姉さまは、実はいろいろと問題を抱えていて、それが信心では解決できないものなのに必死に題目をあげる様子に呆れていたこともあった。
世間からどういう風に見られているか、学会の不審な点・熱心な信者の社会とのズレも彼はわかっている。わかっているから「普通の宗教」と言い訳をする。彼なりに自分と家族をかばっているのだと思う。(彼の家族も社会とのズレをわかっているから摩擦の少ない学会員同士の結婚を勧めるのだと思うが)
だけど彼が学会に対しておかしいと思うことは多々あって、それがぽろりと出てくる。
しかも創価学会の活動は多の仏教の檀家活動とは全く異なり負担が多い(運営に金がかかるのはかわりないだろうが)。どんの活動の様子を見ていて、これを2世というだけで強制されるのはキツイと思う。
好きでやってる人間と、やらされている人間と、同じ事をしてもかかる負担の差は違う。
学会側から見れば彼は「信心が揺らいでいる」と判断するだろうが、私から見れば「それが当然の反応」だと判断する。
どんに彼のことをどう思うか聞いてみた。
2世的環境とはいえ、成人したのを契機に初めて父親に勧められ結果的に自分で信仰を選び取ったどんから見て、選択の余地なく学会と関わる2
世の彼をどう見るか。
「んー…やっぱりそういう風に反発的になるんじゃないかな。彼の家は束縛がきつそうだしね。俺は宗教は個人のものだと思うけど。でもこれは学会っていうより、彼自身の家の問題だと思うよ」
実は彼の家はお父様が厳しいらしく、学会関係以外にもいろいろ口出しされていたという。
彼はようやっと独り暮らしを始めたばかりだが、実家に住んでいる時は門限まであったという。二十歳をとっくに過ぎているというのに。
詳しいことは触れないが、いろいろと苦労をしているようだ。
学会が、というより、根本は家族の問題かもしれない。
その家族の問題を創価学会という信仰が混ぜっ返して余計にややこしいことになっているような気がする。
時々ネットで見かける、2世さんのぼやき「家族に問題を話し合いたくとも親が信心してればどーのこーのと論点をすり替えていく(親御さんはすり替えているという意識はない)」。
彼の家でもそれはあるのだろうか?

どんは何人か折伏している。と同時に「やってみたけどやっぱり辞めたい」と言ってきた人を、きちんと退会もさせている。それは私も知っている人で、今も全く学会に関わっていないことは確認できる。舅も退会して宗派を変えている。
よく創価学会は退会できないというが、そんなことはないようだ。
退会できないのではなく、周囲の学会員が退会「させない」のだと思う。結果それが「退会できない」ことになってしまうのではないか。
それが2世となると退会はさらに難しいのだろう。
信仰は個人のものだと思うし、親が学会員だからといって学会を選ぶも、選ばないも、彼の自由だ。
それは憲法で保障されている。
創価学会は退会を認めているというが、その創価学会のために「退会させない」という選択の自由を認めない暴挙に出ている学会員が多くいる以上は、その人々を束ねる創価学会はやっぱりおかしいと言わざるを得ない。

またマジメに書いちゃった。えへ。

なので聖教新聞ネタ。
あの4コマ漫画、オチがない。
起承転結という物語構成の基本中の基本がない。
かつ創価学会ネタに結びつける強引な展開。
超スゲエ!!!(褒めてないよ)
実際の人間の日常生活にあまりオチはない。
その「オチのない学会員の日常生活」を繰り広げるあの漫画。
超シュール!!!(褒めてないよ)
革新的な前衛漫画だね!!!(褒めてないよ)

大渋滞

ぺ様のことを書いたとたん、ものすっごいアクセス増えたんですけど。
すごいです。ぺ様すごすぎです。

このところ、どんの携帯がよく鳴る。
なんでも会合が頻繁に予定されていて、創価班へ着任要請がひっきりなしらしい。
で、急な話ですみませんお願いしますと恐縮しつつ創価班内で人を手配し、この寒空の下、駐車場整理や警備のためにどんは出かけていくわけだが。
さすがにどんも「身がもたん」とぼやき気味。
「創価班が着任しないで、会合する人らでやったらええやん」
「そんなことしたら駐車場とか会館前の道路が大変なことになる」
「なんで?アンチ雑誌の叩き記事は事実無根でウチら素晴らしい宗教なのさ!っていうくらいの、常識的で品行方正な創価学会員さんたちなら自分らで統率とるでしょうから、交通ルールきちんと守って譲り合いの精神で駐車して混乱なんかおきんでしょ」
「またそんな嫌味を。…でもねえ、まあ、正直に言うと本当に無法地帯に近い状態になっちゃうわけよ。整理する人間がいなかったら。素人の整理じゃ難しいし」
「学会は注意しないの?」
「再三注意は出てるよ、上の方から。でも聞かないんだ」
「……じゃあ、その程度のモラルの宗教団体じゃん、やっぱり」
「………それは否定しない」
……………………あれ?あっさり認めましたよ?
バリバリの活動家が、こんなにあっさり認めてしまうくらい、駐車場前の混乱は、凄まじいんだろうか?見たいような、見たくないような。
そういえば文春か新潮かの記事で、会館前の道路が学会員の車で大渋滞になり近隣住民に多大な迷惑をかけている、というのを読んだことがある。
会合とか運営とか大会とか題目とか折伏とかF票集めする前に、交通ルールやマナーの講習、したら?
むしろ、渋滞になるのが判っているなら公共交通機関で行くっていうのが常識だと思うのだが。

ちなみに、そういう事情で、週末のお出かけの予定が流れていった。
……………………チッ。

さて。女子高生に少年4人が電車内で痴漢、国士舘大サッカー部員が当時15歳の少女に集団わいせつで15人逮捕と、犯人にも知ってて止めなかった人間にも腸が煮えくりかえりそうな性犯罪が続く。
ニュースにならない・被害者が恐れて被害届を出さない性犯罪は日常的に頻発している。
改正刑法、改正刑事訴訟法と、犯罪被害者やその家族を支援する犯罪被害者基本法が成立された。
それでもなお、「性犯罪者には四年以上の懲役、無期または六年以上の懲役」や「殺人罪の懲役刑の下限を三年から五年」、「傷害致死罪の懲役刑の下限を二年から三年に延長」でも甘いと感じる。
性犯罪は再犯性が高い。反省していない輩もいれば、服役後同じ罪を犯す輩もいる。
一人の加害者が連続して、または定期的に複数の被害者を強姦するケースが多いことを見れば再犯性が高いと言うことはおのずと立証されているに等しい。無期懲役は終身刑ではないし、四年や六年で社会に出てくるのでは軽いと思う。改正してもなおこの程度で、これ以上服役の年数を多くするなど刑を重くできないのであれば、日本でもミーガン法の導入を検討して欲しいと思っている。
もちろん、男性が性犯罪の被害者になる場合もある。精神的苦痛を受けながらも事件ケースとして少数なため被害者ケアが整っていないという。
性別関係なく、すべての被害者が救済されて欲しいと思う。
性別関係なく、すべての加害者に厳しい制裁を加えて欲しいと思う。
人の命を奪う殺人と並んで、人の心を奪う性犯罪は凶悪犯罪以外何者でもない。

人権に関わる団体にいる私だが、犯罪加害者に人権などないんじゃコラァと思っている。
殺人や性犯罪は終身刑でヨロシクとも思っている。
死刑にして終わらせるより冷遇された環境での生殺し終身刑キボウ。
それでも日本の法が終身刑に出来ないというなら、性犯罪者は市中引き回しで晒し者にしたうえ去勢して二度と強姦どころか愛する人とセックスもできないようにして懲役刑下限四年。
殺人犯は市中引き回しで晒し者にしたうえに「殺されるかもしれない恐怖」を散々体験して懲役刑下限五年。無理?無理か。
……こういうことを平然と言うのでのんびりまったりした団体の仲間からはプチ過激派と言われたりするが、いやいや、いつもは穏やかな華さんじゃないですかあ。過激派じゃないですよお。えへへー(珠緒風)。
被害者や被害者家族・遺族が受けただけの、それ以上の苦しみを犯罪加害者は味わせてもいいのではないか。
陳情に行っちゃおうかな。もちろん公明党にですよ。
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: